市進受験情報ナビ
夏の特集

高校入試の情報
2014年国立私立公立高校入試変更点
受験生必見!学校説明会レポート
都県別併願作戦と入試の実際
試験日 難易度 偏差値 私立・国立 偏差値一覧
人気の高校は?公立高校倍率一覧
公立入試平均点/国私立入試最低点
高校入試の状況と2013年動向
東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/高校別入試動向
大学合格実績
東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城 都立県立高校入試システム/入試制度
面接のある学校と面接の様子
高校生活に関する情報
高校別 部活一覧
高校別 学費一覧
高校マップ 所在地 路線 乗り換え 地図

高校入試速報

▼中学入試・小学校入試情報へ
中学受験ナビ 桐杏学園
▼市進教育グループの個別指導
一人と向き合いじっくり伸ばす個太郎塾
▼市進教育グループの家庭教師
プロ家庭教師ウイング
▼茨城の中高受験指導は
市進教育グループ茨進
▼大学受験対策の映像授業は
市進ウイングネット
▼学校の先生へ
指導者向け・技術者向けDVD販売 ジャパンライム 市進研修サービス


facebook市進学校情報 市進学校情報へ


神奈川県公立高校入試
2018年(平成30年度)はここが変わる!

2018年入試の選考基準を発表!

前期・後期選抜を一本化した共通選抜になって6年目の神奈川公立入試。前年は県立高校の専門コース廃止や,一部の総合学科の単位制普通科移行など学校再編に伴う変更が多くなっていましたが,来春は変更が少なくなっています。下の記事とあわせて「変更点がひと目でわかる!2018年春神奈川公立 内申・筆記・面接・特色検査一覧」もご活用ください。

①学校再編により3校が募集停止

県立高校の再編計画として,2020年春に「氷取沢高校と磯子高校」「弥栄高校と相模原青陵高校」「横須賀明光高校と大楠高校」「平塚農業高校と平塚商業高校」の統合が予定されています。これに伴って2018年春に磯子高校・相模原青陵高校・横須賀明光(国際科)の募集が停止となります。

②小田原高校が特色検査を廃止,柏陽高校は重点化を廃止

小田原高校では,横浜翠嵐高校・湘南高校・柏陽高校などと並んで,特色検査として学力検査に近い筆記試験を行っていましたが,2018年春にこれを廃止。1次選考は「内申:学力:面接:特色=3:5:2:2」→「内申:学力:面接=4:4:2」,2次選考は「学力:面接:特色=8:2:2」→「学力:面接=8:2」となり,1次選考では従来よりも内申の比重が高くなります。また,平塚江南高校は1次選考での自己表現の比重を下げ,「内申:学力:面接:特色=3:5:2:2」→「内申:学力:面接:特色=3:5:2:1」に変更しました。

柏陽高校の1次選考では,これまで「学力検査の英・国・数のうち点数の高い2教科の得点を2倍」する重点化が行われていましたが,2018年春に廃止。多くの高校と同じように5教科の学力検査の得点がそのまま合否判定に使われるようになります。一方,市立川崎高校では「内申の英語を1.5倍」,大師高校では「内申の英・国・数を2倍」,氷取沢高校では「内申の英語を2倍」とする重点化を新たに導入しました。

来春入試の倍率は上がる?下がる?
高校の人気度がわかる進路希望調査

毎年10月20日時点で県が中学3年生の志望校を集計する進路希望調査。2016年度春の入試が「厳しくなるか」「やさしくなるか」のヒントになる資料です。

2016年春の入試では,中学卒業生の増加にともなって県立・市立高校の募集定員を1%増やしています。公立高校の志望者も1%増えたため,志望倍率は前年と同じ1.30となり,全体としては前年と同じ厳しさになりそうです。ただし,高校別に見ると志望者が増えた高校もあれば,減った高校もあり,来春入試の人気度を知ることができます。自分が受験を考えている高校の倍率が「上がるか」「下がるか」をうかがうヒントにもなるため,「倍率上下がひと目でわかる!2017年春神奈川県公立高校 志望者増減一覧」で確認しておきましょう。

進路希望調査の結果を見るときのポイント

志望倍率上昇 ➡
2017年入試の倍率上昇への不安があるが,「進路希望調査」の結果を見て受験生が敬遠し,思ったほど厳しくならない場合も。
志望倍率低下 ➡
2017年入試の倍率低下を期待できるが,「進路希望調査」の結果を見て受験生が流入し,思ったほどゆるやかにならない場合も。

倍率上下がひと目でわかる!2017年春神奈川県公立高校 志望者増減一覧

2017年入試の募集定員を発表!

公立の中3生は前年より約520人減少。これに対して神奈川公立高(全日制)の募集定員は111人(3クラス)分削減されました。「県立高校改革実施計画」により,12校に各1クラス設置されていた専門コースは募集停止。うち白山・美術コース,上矢部・美術陶芸コース,厚木北・スポーツ科学コースは専門学科に改編されます。市立川崎は併設中学からの内進生を迎えるため,外部募集を3クラス削減。川崎市立商業はビジネス教養の定員を削減して普通科を新設し,校名を市立幸に改称します。同様に,小田原総合ビジネスも総合ビジネス科の定員を削減して普通を新設し,小田原東に改称します。神奈川総合は個性化コースの中途退学者募集30名を廃止して,一般入学者の定員を130→159名に増やしました。

普通科全体のクラス数は2016年春875(+7)→2017年春907(+32)と大きく増加。一方,専門学科全体で152(+1)→148(-4)クラス,総合学科全体で87(+4)→59(-28)クラスと,専門学科・総合学科から普通科に定員が移行している状況です。

高校ごとの状況を見ると,前年に1クラス削減となった横浜桜陽は,減った分を2017年春に戻しました。逆に前年1クラス増の麻生総合・相模原総合・七里ガ浜は減員して戻しています。難関校の定員変動はありませんが,横浜翠嵐(9クラス)・柏陽(8クラス)・光陵(7クラス)は,それぞれ2014年春に増やした定員を維持しており,県立トップの横浜翠嵐・湘南ともに9クラス募集という状況が続いています。

●定員減の高校

学校名 学科 クラス数
麻生総合 総合学科 7→6
厚木北 スポーツ科学コース 1→0
厚木西 普通科 7→6
綾瀬西 福祉教養コース 1→0
有馬 英語コース 1→0
生田 自然科学コース 1→0
磯子 グローバルコミュニケーションコース 1→0
荏田 体育コース 1→0
小田原東
(小田原総合ビジネス)
総合ビジネス科 6→3
上矢部 普通科 8→7
美術陶芸コース 1→0
市立川崎 普通科 4→1
市立幸
(川崎市立商業)
ビジネス教養科 6→4
相模原総合 総合学科 7→6
七里ガ浜 普通科 10→9
西湘 理数コース 1→0
高浜 福祉教養コース 1→0
茅ヶ崎 普通科 9→7
鶴見総合 総合学科 7→6
白山 普通科 8→7
美術コース 1→0
山北 スポーツリーダーコース 1→0
横浜国際 国際科 6→5
横浜立野 普通科 7→6
横浜南陵 普通科 7→6
健康福祉コース 1→0
吉田島
(吉田島総合)
総合学科 4→0

●定員増の高校

学校名 学科 クラス数
厚木北 スポーツ科学科 0→1

綾瀬西 普通科 7→8

有馬 普通科 7→8

生田 普通科 8→9

伊志田 普通科 7→8

磯子 普通科 7→8

荏田 普通科 9→10

小田原東
(小田原総合ビジネス)
普通科 0→3

神奈川総合 個性化コース 3→4

上矢部 美術科 0→1

川崎北 普通科 8→9

希望ヶ丘 普通科 8→9

市立幸
(川崎市立商業)
普通科 0→2

座間総合 総合学科 6→7

逗葉 普通科 7→8

西湘 普通科 7→9

高浜 普通科 5→6

津久井浜 普通科 6→7

白山 美術科 0→1

深沢 普通科 5→6

舞岡 普通科 8→9

元石川 普通科 8→9

弥栄 普通科 0→4

山北 普通科 4→5

大和南 普通科 8→9

横須賀大津 普通科 7→8

横浜桜陽 単位制普通科 7→8

横浜栄 単位制普通科 7→8

横浜平沼 普通科 7→8

吉田島
(吉田島総合)
都市農業・食品加工・環境緑地科 0→3


TOP