市進受験情報ナビ
冬の特集

高校入試の情報
2014年国立私立公立高校入試変更点
受験生必見!学校説明会レポート
都県別併願作戦と入試の実際
試験日 難易度 偏差値 私立・国立 偏差値一覧
人気の高校は?公立高校倍率一覧
公立入試平均点/国私立入試最低点
先輩たちの合格体験
東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/高校別入試動向
大学合格実績
東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城 都立県立高校入試システム/入試制度
面接のある学校と面接の様子
高校生活に関する情報
高校別 部活一覧
高校別 学費一覧
高校マップ 所在地 路線 乗り換え 地図

高校入試速報

▼中学入試・小学校入試情報へ
中学受験ナビ 桐杏学園
▼市進教育グループの個別指導
一人と向き合いじっくり伸ばす個太郎塾
▼市進教育グループの家庭教師
プロ家庭教師ウイング
▼茨城の中高受験指導は
市進教育グループ茨進
▼大学受験対策の映像授業は
市進ウイングネット
▼学校の先生へ
指導者向け・技術者向けDVD販売 ジャパンライム 市進研修サービス


facebook市進学校情報 市進学校情報へ


過去問を解く前に知っておきたい!公立高校入試平均点

神奈川県公立高校

 過去問を解くうえで知っておかなければならないことは、その年その年で問題の難度が違うということ。 「ある年の過去問はできたのに、次の年の過去問はあまり解けなかった」とがっかりするのは間違いです。問題が難しかったのであれば、ほかの受験生が解いても同じことになるからです。
 そこで参考になるのが入試平均点。その年の問題がやさしかったのか難しかったのかを確認しながら過去問に取り組んでいくと効果的です。
 また、入試制度の変更にともなって受験者層が変わると平均点も変わるということに注意しましょう。推移表の下に、受験者層の変化を考える「ヒント」を掲載しましたので参考にしてください。

─ 神奈川県公立高校入試問題 過去の平均点 ─

全県の受験者平均は発表されず、合格者平均点が発表されています。首都圏でもやさしい出題になっていましたが、2013年に記述問題を増やすなど出題方針を変更。合格者平均が下がりました。2014年以降の出題はさらに難しくなり,特に理科は平均点が4割を切る状況が続き、2016年に46.5%に回復したものの依然として難度は高くなっています。また、2016年の英語はリスニングが難しくなり、平均点が5割を下回りました。過去問に取り組む際は年によって難しさが違うことを踏まえ、「2012年までの過去問はできたのに2013年以降の問題はできなかった」と単純に考えないようにしましょう。

神奈川公立 学力検査の合格者平均点(2007年~2016年春)
ヒント ①後期選抜(~2012) ➡ 難関校を中心に学校独自問題を実施しており、その受験者は上記推移に含まれていない
②共通選抜(2013~)  ➡ 公立志望者がみんな受験する
よって後期選抜よりも共通選抜の受験者層が高い。たとえば、5教科合計の2012年66.7%と2013年の61.1%を比べると5.6ポイントだが、もし2012年に独自問題実施校の受験者が共通問題を受けていたら66.7%よりも高くなり、差は5.6ポイントより広がる。


TOP