市進受験情報ナビ
夏の特集

高校入試の情報
2014年国立私立公立高校入試変更点
受験生必見!学校説明会レポート
都県別併願作戦と入試の実際
試験日 難易度 偏差値 私立・国立 偏差値一覧
人気の高校は?公立高校倍率一覧
公立入試平均点/国私立入試最低点
高校入試の状況と2013年動向
東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/高校別入試動向
大学合格実績
東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城 都立県立高校入試システム/入試制度
面接のある学校と面接の様子
高校生活に関する情報
高校別 部活一覧
高校別 学費一覧
高校マップ 所在地 路線 乗り換え 地図

高校入試速報

▼中学入試・小学校入試情報へ
中学受験ナビ
桐杏学園
▼市進教育グループの個別指導
一人と向き合いじっくり伸ばす個太郎塾
▼市進教育グループの家庭教師
プロ家庭教師ウイング
▼茨城の中高受験指導は
市進教育グループ茨進
▼大学受験対策の映像授業は
市進ウイングネット
▼学校の先生へ
指導者向け・技術者向けDVD販売 ジャパンライム 市進研修サービス


facebook市進学校情報 市進学校情報へ

2015高校入試速報 出願 倍率 結果

2017年(平成29年度)高校入試の出願状況や結果速報を掲載します。

クリックすると,該当の位置に移ります。

公立高校入試速報

私立・国立高校入試状況

主要国私立高校 前年比応募状況・入試結果

国私立高校 補欠繰上合格状況(過去データ)

トップアスリートがアドバイス
合格を勝ち取るコンディションづくり

ページトップに戻る



【東京】 一般入試 合格者発表

都立高校の一般入試の合格発表が3月2日に行われました。この後は分割後期募集と第二次募集の出願受付が3月7日にあり,学力検査が3月10日に実施されます。

全日制普通科(コース,単位制,島しょ,海外帰国生を除く106校)の6年間の実質倍率の推移を見てみると男子1.44[1.43](1.56)→1.40[1.38](1.52)→1.44[1.43](1.54)→1.45[1.43](1.54)→1.45[1.43](1.55)→1.45 [1.44](1.56) →1.46 [1.46](1.57)倍,女子が1.44[1.56](1.62)→1.45[1.55](1.61)→1.45[1.52](1.58)→1.46[1.54](1.60)→1.44[1.52](1.57) →1.49 [1.56](1.62) →1.47 [1.52](1.58)倍([ ]内は受験倍率 ( )内は応募倍率)となっており,男子はここ数年は実質倍率が1.45前後で安定していましたが今回わずかですが上昇しました。女子は隔年で倍率が上下しています。コース制や専門学科の一部に回ったようです。

2月24日にあった入試当日の受験倍率(受験者÷定員)と比べると,実質倍率(受験者÷合格者)は男子に変化は見られませんが,女子は下がっているのがわかります。これは合格者を定員より多く出す学校が数多くあるため,最終的な実質倍率(受験者÷合格者)は受験倍率(受験者÷定員)より下がる要因になりますが,「男女別定員制の緩和」を実施している学校が,男女それぞれの定員とは異なり,男子を少なめ女子は多めに合格者を発表することが多く男子は受験倍率と実質倍率が同じになり,女子は受験倍率より実質倍率が低くなっているのです。

一校一校見ていくと,大きく倍率が動いている学校があります。

2017年春都立高校 一般入試合格状況_普通科
2017年春都立高校 【男子】一般入試合格状況_グラフ
2017年春都立高校 【女子】一般入試合格状況_グラフ
で男女枠緩和校の状況や前年までの倍率推移などに注意しながら見ていくとよいでしょう。

■倍率が高い学校(普通科)

【男子】 1.70倍以上
■秋留台 2.52倍 北園 2.20倍
文京 2.11倍 豊多摩 1.98倍
足立東 1.95倍 向丘 1.92倍
南葛飾 1.92倍 小岩 1.86倍
竹早 1.76倍 富士 1.76倍
日比谷 1.75倍 広尾 1.75倍
府中 1.73倍 上野 1.72倍
武蔵丘 1.72倍 青山 1.70倍
【女子】 1.70倍以上
■広尾 2.25倍 竹早 2.15倍
豊多摩 2.02倍 南葛飾 2.00倍
■三田 1.93倍 向丘 1.88倍
駒場 1.86倍 北園 1.82倍
青山 1.81倍 野津田 1.81倍
調布南 1.80倍 文京 1.78倍
武蔵 1.78倍 秋留台 1.78倍
本所 1.76倍 武蔵野北 1.75倍
東村山 1.73倍 高島 1.72倍
小金井北 1.72倍 小山台 1.71倍
田園調布 1.71倍    
【東京】 一般入試 受験者数確定 学力検査始終了

都立高校の一般入試が2月24日に行われました。受験者数が前年と大きく変わっている学校が数多く見受けられます。合格発表は3年前の採点ミス問題から採点期間が伸び2年前より3月2日になっています。

全日制普通科(コース,単位制,島しょ,海外帰国生を除く106校)の7年間の受験倍率の推移を見てみると男子1.43(1.56)→1.38(1.52)→1.43(1.54)→1.43(1.54)→1.43(1.55) →1.44 (1.56) →1.46 (1.57)倍(カッコ内は応募倍率),女子が1.56(1.62)→1.55(1.61)→1.52(1.58)→1.54(1.60)→1.52(1.57) →1.56(1.62) →1.52 (1.58)倍(カッコ内は応募倍率)となっており,男子は3年間同じ倍率が続いた後、2年続けてわずかに上昇,女子は隔年で上下しています。女子の一部を中心にコース制や総合学科の学校に回っているようです。

一校一校見ていくと受験者が増えた高校もあれば,減った高校もありますが,募集人員の増減の影響もあるため,難化易化のめやすは倍率の推移を比べるとよいでしょう。

2月15日に応募者数は確定しましたが,2月24日の入試当日までに私立や国立の難関校に合格した受験生を中心に欠席者が出ます。上記7年間の倍率推移を見てもわかるように応募倍率より受験倍率のほうが低くなっているのはそのためです。今後合格者を定員より多く出す学校が数多くあるため,個々に見ていくと最終的な実質倍率(受験者÷合格者)は受験倍率(受験者÷定員)より下がるのが普通です。ただし,「男女別定員制の緩和」を実施している学校では男女それぞれの定員とは異なり,男子が少なめ女子が多めに合格者を発表することが多いため、男子は受験倍率より実質倍率が高くなり,女子は受験倍率より実質倍率が低くなる傾向にあります。「2017年春都立高校 一般入試受験状況」「2017年春都立高校 一般入試受験状況グラフ_男子」「2017年春都立高校 一般入試受験状況グラフ_女子」で男女枠緩和制の有無や欠席率を参考にしてください。

■倍率が高い学校(普通科)

【男子】 1.75倍以上
■秋留台 2.52倍 豊多摩 2.00倍
北園 1.98倍 足立東 1.95倍
日比谷 1.92倍 文京 1.91倍
富士 1.87倍 竹早 1.80倍
広尾 1.77倍 府中 1.76倍
南葛飾 1.75倍    
【女子】 1.85倍以上
■広尾 2.31倍 竹早 2.20倍
南葛飾 2.20倍 向丘 2.13倍
北園 2.06倍 豊多摩 2.04倍
文京 1.99倍 ■三田 1.95倍
松原 1.91倍 駒場 1.90倍
青山 1.87倍 ■野津田 1.85倍
【東京】一般入試 応募者確定

都立高校の一般入試の応募者が取り下げ・再提出を経て確定しました。前年と大きく変わっている学校が数多く見受けられます。再提出前と変わっている学校もあるため,注意しましょう。

全日制普通科(コース,単位制,島しょ,海外帰国生を除く106校)の7年間の倍率の推移を見てみると男子1.56→1.52→1.54→1.54→1.55→1.56→1.57倍,女子が1.62→1.61→1.58→1.60→1.57→1.62→1.58倍となっており,男子はわずかな上昇傾向,女子は隔年で上下しています。男子の倍率がじわじわと女子に近づいています。女子の一部を中心にコース制や総合学科の学校に回っているようです。

一校一校見ていくと応募者が増えた高校もあれば,減った高校もあります。募集人員の増減の影響もあるため,倍率の推移を比べるとよいでしょう。
今回確定した応募から,2月24日の入試当日までに私立や国立の難関校に合格した受験生を中心に欠席者が出ます。さらに合格者を定員より多く出す学校も数多くあるため,最終的な実質倍率(受験者÷合格者)は応募倍率(応募者÷定員)より下がるのが普通です。「2017年春都立高校 一般入試応募状況」で過去3年分の学校別の状況がわかるようになっています。ただし,男女別定員制の緩和を実施している学校では男女それぞれの定員とは異なり,男子が少なめ女子が多めに合格者を発表することが多くなっているため状況は変わります。

2017年春都立高校 一般入試応募状況」「2017年春都立高校 一般入試応募状況グラフ 男子」「2017年春都立高校 一般入試応募状況グラフ 女子」で男女枠緩和校や前年欠席率を参考にしてください。

●倍率が高い学校(普通科) 2.10倍以上

【男子】
秋留台 2.58倍 日比谷 2.47倍
富士 2.29倍 豊多摩 2.26倍
北園 2.13倍 広尾 2.12倍
【女子】
■広尾 2.46倍 南葛飾 2.30倍
竹早 2.29倍 向丘 2.23倍
豊多摩 2.22倍 北園 2.16倍

【東京】一般入試 出願締め切る(再提出前)

都立高校の一般入試の出願が締め切られました。前年と大きく変わっている学校が数多く見受けられます。12月の志望調査と大きく変わっている学校もあるため,注意しましょう。
今回の応募状況を見て,2月14日に取り下げ,2月15日に再提出することができます。

全日制普通科(コース,単位制,島しょ,海外帰国生を除く106校)の7年間の倍率の推移を見てみると男子1.57→1.51→1.54→1.55→1.56→1.57→1.57倍,女子が1.62→1.61→1.58→1.61→1.58→1.64→1.59倍となっており,男子はわずかな上昇傾向,女子は隔年で上下しています。男子の倍率がじわじわと女子に近づいています。

ただし,一校一校見ていくと応募者が増えた高校もあれば,減った高校もあります。募集人員の増減の影響もあるため,倍率の推移を比べるとよいでしょう。今回の結果と私立高校の合格状況を考慮して,取り下げ・再提出をする受験生が出てくるため,応募倍率はさらに変わります。応募が確定したあと学校によっては欠席者が多数出ます。最終的に合格者数が公表されてから実質倍率(受験者÷合格者)を算出することができます。取り下げ・再提出を検討する場合は十分な注意が必要です。

2017年春都立高校 一般入試応募状況
2017年春都立高校 地域・偏差値別増減グラフ【男子】
2017年春都立高校 地域・偏差値別増減グラフ【女子】
を参考にしてください。

一般入試応募状況を見るときのポイント
応募倍率上昇 2017年入試の倍率上昇への不安があるが,「応募倍率」を見て受験生が敬遠し,思ったほど一般入試が厳しくならない場合も。
応募倍率低下 2017年入試の倍率低下を期待できるが,「応募倍率」を見てを見て受験生が流入し,思ったほど一般入試がゆるやかにならない場合も。

倍率が高い学校(普通科) 2.20倍以上

【男子】
■秋留台 2.66倍 富士 2.32倍
■日比谷 2.48倍 広尾 2.30倍
豊多摩 2.41倍 北園 2.20倍
【女子】
■広尾 2.78倍 豊多摩 2.40倍
南葛飾 2.59倍 向丘 2.26倍
竹早 2.53倍 三田 2.20倍
【神奈川】神奈川県立・市立 出願状況を発表!

2月1日(水)に締め切られた神奈川公立高校の出願。全日制課程の応募倍率は1.22→1.21倍と0.01ポイント下がりました。全体としては,わずかながら前年よりやさしくなりそうです。

志願変更期間は2月6日(月)~8日(水)。出願校の状況を確認し,中学校や塾の先生と相談しながら志願変更をじっくり考えましょう。

高校別の状況はこちら
倍率上下がひと目でわかる!2017年春神奈川県立・市立 応募者増減一覧

  • 出願時の応募倍率が1.6倍を超えた高校(全日制普通科)
  • 横浜翠嵐 2.12 ■新城 2.02 ■上溝 1.76 ■横浜緑ヶ丘 1.74
    元石川 1.70 ■多摩 1.69 ■大和 1.67 ■柏陽 1.66 ■川和 1.63

  • 出願時の応募者が100名以上増えた高校(全日制普通科)
  • 新城+140 ■瀬谷+123 ■元石川+122 ■岸根+108 ■+100

出願締切時の結果を見るときのポイント
応募倍率上昇 最終的な実質倍率上昇への不安があるが,この結果を見て志願先変更時に受験生が敬遠し,思ったほど厳しくならない場合も。
応募倍率低下 最終的な実質倍率低下を期待できるが,この結果を見て志願先変更時に受験生が流入し,思ったほどゆるやかにならない場合も。


【埼玉】 埼玉県公立高校 合格者発表

埼玉県公立高校入試の合格発表が3月10日に行われました。この後は3月17日より欠員補充が始まります。欠員補充の具体的な日程や内容は実施する学校が決めることになっています。

制度変更後5年間における全日制普通科の実質倍率(受験者/合格者)の推移を見てみると1.15[1.15](1.15)→1.19[1.21](1.21)→1.20[1.21](1.21)→1.20[1.22](1.22)→1.22[1.23](1.24)→1.21[1.22](1.22)倍([ ]内は受験倍率(受験者/定員),( )内は出願倍率(出願者/定員))となっています。実質倍率が受験倍率より低くなるのは,定員より合格者を多く出す学校が多くあるためです。

5年前の制度変更初年度は入試回数が1回のみになることに対する不安感から,公立高校入試前に私立高校への入学手続きを済ませてしまう受験生が増えたことが原因で倍率が低くなっていましたが,2年目以降はほぼ1.20倍で安定していました。しかし、前年にやや上昇しました。今春は選択問題導入した学校が敬遠された影響かわずかに低下しています。ただし,高校ごとに見ると倍率が上がった高校もあれば,下がった高校もあります。高校別に倍率が「上がったか」「下がったか」4年間の推移を,「2017年春埼玉県公立高校 合格状況(3.10)」「2017年春埼玉県公立高校 合格状況(3.10)_グラフ」で確認することができます。

⇒「2017年春埼玉県公立高校 合格状況(3.10)」「2017年春埼玉県公立高校 合格状況(3.10)_グラフ

■倍率が高い学校(普通科1.45倍以上)

■市立浦和 1.64倍 所沢北 1.60倍
1.59倍 浦和西 1.54倍
市立県陽 1.54倍 川越南 1.49倍
与野 1.49倍 市立浦和南 1.49倍
南稜 1.48倍 市立川口 1.48倍
川越女子 1.46倍 市立川越 1.45倍

【埼玉】 埼玉県公立高校 受験倍率 学力検査終わる

埼玉県公立高校入試の学力検査が終わり受験倍率(受験者/定員)が出ました。受験生は3月10日の合格発表を待つばかりです。

制度変更後6年間における全日制普通科の同時期倍率の推移を見てみると1.15(1.15)→1.21(1.21)→1.21(1.21)→1.22(1.22)→1.23(1.24)→1.22(1.22)倍(カッコ内は出願倍率(出願者/定員))となっています。わずかですが,倍率が低下しています。志願先変更後に若干辞退者が出る学校がありますが,全体から見るとわずかなため志願先変更後の出願倍率とほぼ変わりない推移です。5年前の制度変更初年度は入試回数が1回のみになることに対する不安感から私立高校への入学手続きを済ませてしまう受験生が増えたことが原因で倍率が低くなっていましたが,2年目以降は1.2倍前半ではありますがゆるやかな上昇傾向にあります。ただし,高校毎に見ると受験者が増えた高校もあれば,減った高校もあります。自分が受験した高校の倍率が「上がった」「下がったか」,
2017年春埼玉県公立高校 受験状況(3.2)
2017年春埼玉県公立高校 受験状況(3.2)_グラフ
で確認しておきましょう。最終出願時と大きく変わった学校はほとんどありません。なお,例年多くの学校で定員を若干上回る合格者が発表されています。

⇒「2017年春埼玉県公立高校 受験状況(3.2)」「2017年春埼玉県公立高校 受験状況(3.2)_グラフ

■倍率が高い学校(普通科1.50倍以上)

■市立浦和 1.68倍 所沢北 1.64倍
1.63倍 市立県陽 1.58倍
浦和西 1.56倍 川越南 1.53倍
与野 1.53倍 ■市立川越 1.53倍
市立浦和南 1.53倍 南稜 1.52倍
市立川口 1.52倍 川越女子 1.50倍

【埼玉】 埼玉公立高校 最終志願倍率 君の志望校は?

埼玉公立高校入試の志願者が志願先変更を経て2月24日に確定しました。受験生は3月2日の学力検査に向けて最後の追い込みに入っていることと思います。

制度変更後6年間における全日制普通科の同時期倍率の推移を見てみると1.15→1.21→1.21→1.22→1.24→1.22倍となっています。制度変更初年度は入試回数が1回のみになることに対する不安感から私立高校への入学手続きを済ませてしまう受験生が増えたことが原因で倍率が低くなっていましたが,2年目以降は1.2倍台になり徐々に上がっていました。しかし、今春から導入された学校選択問題が敬遠されたのか、今回は若干低下しています。ただし,高校ごとに見ると志願者が増えた高校もあれば,減った高校もあります。自分が出願した高校の倍率が「上がるか」「下がるか」,「2017年春埼玉公立高校 出願状況(2.24最終志願者確定)」「2017年春埼玉公立高校 出願状況(2.24最終志願者確定)_グラフ」で確認しておきましょう。志願先変更前と大きく変わった学校は多くはありません。落ち着いて,学力検査に臨みましょう。なお,学力検査当日までに若干の辞退者が出る学校があります。

⇒「2017年春埼玉公立高校 出願状況(2.24最終志願者確定)
 「2017年春埼玉公立高校 出願状況(2.24最終志願者確定)_グラフ

■倍率が高い学校(普通科1.50倍以上)

■市立浦和 1.70倍 所沢北 1.64倍
1.64倍 市立県陽 1.58倍
浦和西 1.57倍 ■市立川越 1.54倍
川越南 1.53倍 与野 1.53倍
市立浦和南 1.53倍 ■南稜 1.52倍
市立川口 1.52倍 ■川越女子 1.50倍

【埼玉】今春入試の倍率は? 悩ましい志望校変更

埼玉公立高校の出願がいったん締め切られました。今回の結果を見て,志望校を変えたり,取り下げたりする受験生が例年出てきます。2月23・24日の志願先変更を経て最終的な応募者が決まります。3年前まで2度あった志願変更の機会は,制度変更から数年たって状況が落ち着いてきたことから,2年前から1回に減りました。
全日制普通科の制度変更後6年間における同時期倍率の推移を見てみると1.09→1.21→1.21→1.22→1.24→1.22倍となっています。6年前の制度変更初年度は入試回数が1回のみになることに対する不安感から私立高校への入学手続きを済ませてしまう受験生が増えたことや,この段階では出願を見合わせて様子見をした受験生がいて倍率が低くなっていましたが(最終的な実質倍率は初年度1.15倍でした),2年目以降は倍率が徐々に上昇していましたが、今春から導入された学校選択問題が敬遠されたのか、今回は若干低下しています。ただし,高校毎に見ると応募者が増えた高校もあれば,減った高校もあります。自分が出願した高校の倍率が「上がるか」「下がるか」を知ることができます。「2017年春埼玉公立高校 出願状況(2.21志願変更前)」「2017年春埼玉公立高校 出願状況(2.21志願変更前)_グラフ」で確認しておきましょう。志願先変更で若干倍率が変わる学校が出てきますが,安易に志望校変更せずに,変える場合は学校の先生や保護者の方としっかり相談する必要があります。
⇒「2017年春埼玉公立高校 出願状況(2.21志願変更前)
 「2017年春埼玉公立高校 出願状況(2.21志願変更前)_グラフ

●倍率が高い学校(普通科:1.55倍以上)

■市立浦和 1.71倍 ■蕨 1.67倍
■所沢北 1.66倍 ■浦和西 1.61倍
■市立県陽 1.59倍 ■市立川口 1.56倍
■川越南 1.55倍 ■与野 1.55倍
■市立浦和南 1.55倍    

【千葉】千葉県公立 後期選抜の出願状況を発表!

2月23日(木)に締め切られた千葉県公立高校の出願状況が発表されました。志願変更期間は2月24日(金)・27日(月)と間近の2日間しかありませんが,出願校の状況を確認し,中学校や塾の先生と相談しながら志願変更を考えましょう。

高校別の状況はこちら
倍率上下がひと目でわかる!2017年春千葉県立・市立 後期志願者増減一覧

●志願倍率が2.0倍を超えた高校

■市立千葉(理数) 3.50 ■松戸国際(国際) 3.00
■市立稲毛(国際教養) 2.60 ■千葉 2.40
■船橋(普通) 2.38 ■松戸国際(普通) 2.30
■小金 2.26 ■船橋(理数) 2.25
■佐倉(普通) 2.25 ■磯辺 2.21
■市立船橋(普通) 2.18 ■薬園台(普通) 2.11
■市立千葉(普通) 2.10 ■市立稲毛(普通) 2.10
■市川東 2.05  
【千葉】千葉県立・市立 前期選抜の出願状況を発表!

2月6日(月)に締め切られた千葉県公立高校の出願状況です。

高校別の状況はこちら
倍率上下がひと目でわかる!2017年春千葉県立・市立 志望者増減一覧

前期選抜では志願変更はできません。合格者数を定員通りに出し,欠席も少ないため,志願倍率(=志願者÷定員)に近い実質倍率(=受験者÷合格者)となります。ただし,志願倍率が下がった高校でも油断は禁物です。逆に,上がった高校を受ける場合も必要以上に不安にならないようにしましょう。実力より上の高校を目指すチャレンジ組が増えているだけであれば難易度は大きく変わりません。体調を万全に整えて,2月13日(月)・14日(火)の学力検査・2日目検査にしっかり力を出し切れるよう臨みましょう。

●志願倍率が2.5倍を超えた高校

第1学区:
千葉 3.29 千葉東 2.86 市立千葉(普通) 2.85 市立千葉(理数) 2.67  幕張総合(普通) 2.59 磯辺 2.84
第2学区:
船橋(普通) 3.40 船橋(理数) 3.25 薬園台(普通) 2.68 小金 2.95 松戸国際(普通) 2.87
第3~9学区:
東葛飾 2.54 佐倉(普通) 2.78

志願者が50名以上増えた高校

第1学区:
市立千葉(普通) +116 磯辺 +122
第2学区:
船橋芝山 +59 松戸(普通) +81 市立船橋(普通) +77
第3学区:
流山おおたかの森(普通) +88
第4学区:
成田国際(国際) +67 四街道 +55 白井 +57

国私立高校 補欠繰上合格状況(過去データ)

国私立高校の補欠繰上げ合格状況を過去3年分掲載してあります。

国私立高校 補欠繰上合格状況(過去データ)
東京・神奈川・埼玉・千葉
   

ページトップに戻る

トップアスリートがアドバイス
合格を勝ち取るコンディションづくり

風邪予防 スランプ脱出法&花粉症対策
カラダとココロの健康を左右する3つの生活習慣  

※外部ページ「市進スマホナビ」に移動します。


ページトップに戻る


TOP